進撃の巨人 舞台挨拶に行ってきました Part2 (≧∇≦)

  • 2015.08.05 Wednesday
  • 07:58

進撃の巨人の舞台挨拶が8月1日に

お台場シネマメディアージュで行われ、この日、2回目の舞台挨拶に行ってきました〜。

前回、途中まで簡単なレポを書いたので、今回はその続きです。

前半のレポはこちらより↓
http://hiroki-37.jugem.jp/?eid=51


巨人巨人巨人巨人巨人巨人

司会者>
「撮影中の思い出に残った事を教えてください」

春馬>
ぼくらは、汚しと言われるメイクをするところから始まるんですが、
顔にどうらんを塗って、"はったい粉"と呼ばれる白い粉を
はったい粉ルームで、スタッフさんに、ガァーーーーっとかけられて、
どうもありがとー、って言いながらこうやって(くるくる回る)つけてもらうんですね。
そして、どのシーンも、こーんなに大きな扇風機で、風を送りながらの撮影なので
この、希子ちゃんの大きな目とか、自分の目で、巨人に向かって恐怖の表情をするわけですね。
その時に目を大きく開くんですが、はったい粉が目に入りまくるんですよ!
人間、理性?違うなw本能?で痛くて目を閉じたいんですけど…それを殺して、
真剣な芝居をしないといけないという、ねぇー!ほんとw

共演者>ぶっちゃけたなぁー!

春馬>もう、この際ぶっちゃけますw

春馬くんが、身を乗り出して、手振りも大きく説明するので

共演者>
なんか、すごいねw歌いそうだもんw

春馬>
は?いやいや歌うって?歌うわけないでしょ!

本郷>

音符デュンデュンデュンデュ デュデュデュンデュンデュン音符
(セカオワのエンディングのイントロを歌う)

春馬>
イヤイヤ、なんだよそれ!同い年だからってw

会場から手拍子

春馬>
歌いませんよー!おかしいでしょ、ここで手拍子って!
今日のお客さん無茶振りすごいな〜〜w
と、まあ、そういう、言い方悪いですけど、拷問に耐えながら撮影した3ヶ月でしたね。

監督と見つめ合うので、観客、爆笑w

司会者>
続いて、長谷川さん如何でしたか?

長谷川>
いや、この後しゃべりずらいな〜〜w

春馬>
クロストークでいきましょう!

長谷川>
そうですね…立体起動装置が(と言った瞬間、客席から"んぎゃーー"と赤ちゃんがなく声?が)

だ、大丈夫ですか?いまキャーーって聞こえたけど

共演者>
ナイスタイミングー!

長谷川>
立体起動装置が邪魔で、休憩中椅子に座りたいんだけど、

石原>あ〜、当たっちゃうんですよね?

長谷川>
そう、当たっちゃって、パイプ椅子に座れないから、背もたれの部分に向けて
こうやって(股を開いて、空気椅子状態で説明)

会場、爆笑w

それが印象的でした。
もう、この綺麗な方達、みんながそうやって座っていたので

司会者>
では、水原さんも、そうやって座っていたのでですか?

水原>
はい…最後なんかもう、完全に、大股開きで座っていましたw

樋口>
だから、知らずにその前を通ると、俳優部の待機場所、ものすごくだらしなく見えるんだよねwww

春馬>
それに関しては、うちの本郷がすごくうまく経験を教えてくれますから

本郷>
いや、最初そうやって座ってたんですけど、立体起動装置が浮いちゃって、
腰に負担がくるから、あの、釣りの人が座る、ちっちゃな椅子を僕が買ってきて

春馬>
釣りの人?

本郷>
そう、釣りの人って、あのちっちゃい椅子しか休憩買えないから…嘘だよ!!www
その椅子に座って、箱の部分を地面につけて重さを逃すという
もうこれはアルミンが考案した、アルミンならではの考えですね!

春馬>
ちなみに、どのくらいの重さと大きさがあったの?

石原>
そうだよそれ聞きたいw

本郷>
うーん…まあ、大体、大家族でも使える
「土鍋」くらいの重さかなwww

石原>
あれ?新しい!!ついこの前までアルミンは立体起動装置の重さを
「ちょっと小さいお地蔵さん」って言ってのwww

本郷>
やっぱ、答えがあるわけじゃないから、つい上へ上へと目指したくなっちゃうんだよね〜〜…以上!!

会場から拍手。

司会者>
続いて、三浦貴大さん如何でしたか?

三浦>
そうですね…僕〜〜…ずっと飯食ってましたねw
撮影の間に、松尾さんと、あ、あそこにいる、ちょっと太った方と

松尾>
あ、僕、隣の監督と並びで見ると分かりにくいかと思いますが
結構太ってますw…って、やかましいわっ!

三浦>
撮影の合間に二人でレンタカーを借りてドライブに行きまして、大自然のなか
何がおかしいのかなんにもないのに二人でゲラゲラ笑ってましたね〜。
温泉入ったり、美味しいもの食べたり。

松尾>
あれは後二泊くらいしてたら、告白していた可能性も、あるかもしれませんねーw

三浦>
その可能性ありますね!www
と、いうような思い出www

司会者>
桜庭さんも皆さんと色々なところに行ったと言われていましたが…。

桜庭>
人見知りなほうなんですけど、皆さんとてもアットホームな感じで受け入れてくれて。
アプリとかで遊びましたよね?
例えば、松尾さんと私の顔を合成するとか…。凄く可愛く無かったですよね私たちw

松尾>
どっちが悪いかわからんかったけどねwww

桜庭>
そうですねwww

松尾>
相性が悪かったのね俺たちwww

桜庭>
そうですねwww

松尾>
すみませんm(__)m
桜庭ファンの方すみませんm(__)m
www

司会者>
石原さんは如何でしたか?

石原>
撮影の時、なんだっけ〜〜ほら名前ど忘れした〜〜レディゴーの?

松尾>
アナ雪?

石原>
そう!ちょうどアナ雪が公開された後だったでしょう?
それでwwwオラフの声で、下ネタとか言うの〜〜!

ピエール>
ぜひ皆さん、ディズニーには内緒でwww

石原>
本当にそれは貴重だけど〜〜本当にぶん殴ったやろうかと思った〜〜w

会場、爆笑www

石原>
とても楽しい時間を過ごしてましたwww

司会者>
そんなピエールさんは如何でしたか?

ピエール>
まぁ、これまでの話の補足をしますと、立体起動装置ね、重くて腰にくるんですよ。
で、真っ先に凹んで出てきたのが本郷くんです。もう、こーやっておじいちゃんみたいな顔をしながらw
だから、置き場を考えたら?って言ったら例のやり方をあみだしてね?

本郷>
人類の文明ってこうやって発展していったんだな〜って思いました。

ピエール>
そうそう、二足歩行じゃなかったら平気だったんだもんね〜。

本郷>
本当そうですよ!

ピエール>
後ね、さっき春馬くんが言っていた、はったい粉。
これが関東某所で今日のような灼熱の暑さの中で撮影してますんで、
はったい粉場に降り積もったはったい粉が腐って、異臭を放つんですよ!
それで発見したのは、はったい粉は腐る!粉って腐るんだー!って思ったのが
非常に印象にのこっているんですけれども。

後、立体起動装置なんですけども、あそこからここまで、全員つけてるんですけども、
僕貰えないんです!救護班だから!でも、これがないと、すぐに飛んでいけないんじゃん?
って思うんです…………www
ここでガーゼ広げてるけどさぁって思って…www
で、見たところ、松尾さんが貰ってるんだから、俺も貰ってもいいじゃんって思ってwww
でも俺もらえないからさ!そこを皆さんには伝えとかなきゃという!

樋口>
そうそう、それで映画見てもらえればわかるんですけど、
巨人に追い詰められるところがあって、みんな飛んでくんですけど、
ないからとにかく隠れるというw

ピエール>
そう、俺飛んでけないからさー。
立体起動もなければ、剣もないというw

松尾>
救急箱しかないからねwww

ピエール>
本当どーなのよそれw
まぁ、そういうところの緊張感も含めてこれから本編始まりますんで、
楽しみにしていてくださいm(__)m

急にまとめ出したので、客席大爆笑www

司会者>
それでは、最後になりましたが、主演の三浦春馬さんから、皆さんに一言お願いします。

春馬>
あのぉー。こんなに色々話してしまって、皆さんには、ちょっと申し訳なかったかなw
進撃の巨人の世界観が少し崩れてしまってないかな?と思うわけですがwww
ただ、後半のエンディング10分前くらいから、どんどんたたみかけて、
ジェットコースターにのって頂点から落ちていく感じ。
その伏線も前半には沢山ありますので、ぜひジェットコースターに乗っているような
スリルを味わっていただけると思うので、楽しみにしていてください。
本日は本当に、ありがとうございました!!!


巨人巨人巨人巨人巨人巨人

いゃぁー。皆さん本当に面白くて、会場からも常に笑い声が響いている舞台挨拶でした拍手
それぞれの個性もしっかりでていて、俳優さんの貴重な素の部分を見る事もでき、
とても貴重な経験が出来たことを嬉しく思います
ドナルドダッグ

後編の舞台挨拶も見たくなっちゃう〜〜!
当たる気しないけど〜w

映画を見ると、ホントに迫力があり、過酷な撮影だったのだと、しみじみ思います。
怪我をしないで撮影する方が難しそう(>_<)

そして、メイキングを特集で見たのですが、いい絵が撮れると、
監督がとっても嬉しそうに声をあげて笑うんですよねー!
俳優人はとても過酷で真剣なんですけど。でも、その監督の笑っている姿を見て、
いい絵が撮れたんだなぁ〜って安心して嬉しくなりました!と言っていて。
そういう現場の雰囲気も今回は見る事もでき、監督とキャストの信頼関係もあって
素晴らしい映画になっているだと感じました
にっこり

映画の感想はまた書きたいと思いますが、
何はともあれこの迫力は
映画館の大スクリーンで見なければ意味がありません!!!

私もIMAXや4DXで見たいなぁー!と思います…が、
IMAXは残念ながら6日までなんですよねΣ(゚д゚lll)
なんとか時間を作って、お隣の県まで、4DXを見に行きたいと思います!!

以上、舞台挨拶のレポPart2でしたm(__)m



「進撃の巨人」公式サイト
http://www.shingeki-seyo.com/index.php

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックをお願いしますお願い

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

にほんブログ村

   

日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ







 

進撃の巨人 舞台挨拶に行ってきました(≧∇≦)

  • 2015.08.02 Sunday
  • 23:41

お台場シネマメディアージュで行われた

「進撃の巨人」の舞台挨拶に行ってきました!

巨人巨人巨人巨人巨人巨人巨人

2回目の13:20〜のチケットが運よく当選ばんざい


進撃の巨人の原作も好きで、全巻読んではいたのですが、まさかの実写化!
しかも、オリジナルキャラクターも多く、前々から楽しみで待ちに待った公開でした〜
巨人

映画の感想はまたゆっくり書くとして、舞台挨拶の模様をご紹介。
うろ覚えなので、簡単にですがm(__)m

登壇者は
三浦春馬さん、長谷川博己さん、水原希子さん、本郷奏多さん、三浦貴大さん、石原さとみさん、桜庭ななみさん、松尾諭さん、ピエール瀧さん、樋口真嗣監督

司会者はミックさん(ラブ&ピースの時と同じ方でした)

皆さんのビジュアルに関しては、こちらのサイトをご覧くださいね↓

http://natalie.mu/eiga/news/155723

キャストの皆さんは、後ろから登場し、真ん中の通路を右に曲がって、舞台へ。
歓声が飛び交い、通路側に座っているお客さんは、タッチしたり、お触りwしたり
私は前から4番目の端っこの席だったので、近くを通らず指をくわえて見てましたwww

そして、まずは一人ずつご挨拶。
(出演者の方の名前を略させていただきますm(__)m)

春>
「皆さんこんにちは。三浦春馬です。エレン役をやらせていただきました。今日はお忙しい中お集まりいただき本当にありがとうございます。今日は楽しい時間を皆さんと共有できればと思います。よろしくお願いします!」

とても堂々とした印象。春馬くん、トークもうまいんですね〜。

長>
「こんにちはー。今日はありがとうございます。長谷川博己です。最後まで楽しんでいってください。よろしくおねがいしまーす。」

めちゃ早口で、棒読みだったので、キャストや会場から笑いがw

「だって、時間がないっていうから…」
と、笑いながら呟く。

かっこいいし、可愛いところもあって、長谷川さん素敵でした
きらきら
ドラマデートの時の巧みたいな感じ?

水>
「皆さんこんにちはー。ミカサ役をやらせていただきました、水原希子です。初日に大勢の方にお集まりいただきありがとうございます。短い時間ですが、楽しい時間にできればと思っています。よろしくおねがいします。」

希子ちゃんは、とにかく細い!!監督が、希子ちゃんと同じ体型の子がいなくて
アクションのスタントマンを用意出来なかったと言っていたのがわかるほど細い!
そして、ハスキーな声も好きです(^_^)

本>
「皆さんこんにちは。本郷奏多と申します。えーと…今日は一緒に楽しい時間を過ごせたらと思います。よろしくおねがい致します」

本郷くんは、とても丁寧なのですが、常に何かを企んでいそうなイメージです。
見た目はクールだけど、スッと面白い事を言ってくるようなw

三>
「皆さんこんにちは。三浦貴大です。今日は暑い中、足を運んでいただきありがとうございます。最後までよろしくおねがいします。」

キャストから、真面目だな〜と突っ込まれ
「別に荒ぶる必要はないでしょw」
と、笑いながら回答。役柄が荒ぶってますからねw

桜>
「こんにちはー。サシャ役の桜庭ななみです。初日を迎えられとても嬉しく思っています。今日はありがとうございます」

紹介された時に桜庭〜!と大歓声が。人気があるんですね!
ピチピチしていて可愛い。

松>
「ありがとうございます。皆さんこれから見るんですよね。いや〜羨ましいな〜。僕らももう何回か見たんですけど、初めて見た時の衝撃はすごかったのでその衝撃を存分に味わってもらいたいです。そしてまた、これが見終わりましたら、IMAXとか4DXとかもあるので、是非ご覧いただきたいと思います。」

兄貴分という感じで、安心できるイメージ。松尾さんも好きです。

石>
「皆さんこんにちは〜。ハンジ役の石原さとみです。公開嬉しいです。皆さん一人一人に感想を聞きたいくらいです。ホントにこの役を演じられてすごくすごく幸せです。今日は楽しんでいってください」

もぉー、可愛い!!早口だけど嬉しさがより滲み出ていて、こりゃまいった〜。
可愛い!!!

ピ>「こんにちは。ソウダ役のピエール瀧でございます。えー、皆さんは巨人に人が喰われるところを見たいんでしょ!w
見たところ、女性が多いかと思うのですが、女性は見たいんだなと。で、せっかくお台場ですんで、皆さん帰りにお台場で遊んでくか?みたいになるんでしょ?ね?見終わった後やっぱし、そこは?で、そこで目に入ってくるのがガンダムだと思うんですが、あれ18メートル級なので、ガンダム見た時、18メートル級かー。ちっちぇーな!と思えると思うのです。是非皆さん、帰りにガンダムを見て帰ってくださいw」

ピエールさんは、とにかく話がうまい!
さすがだなぁーと思いました。

樋>「皆さんこんにちは。今日はわざわざ東京の海に囲まれた場所にお集まりいただきありがとうございます。映画とは関係ない話になるかと思いますが、本来舞台挨拶は、新聞の方とかカメラマンとかが前にいますが、そういうものは先ほどの回で終わって、今回は"純粋舞台挨拶"と我々映画用語で呼ぶんですが、今回はカメラもいないので、皆さんのためだけに話します。普段カメラがいると、かっこいいこと言わなきゃとか思うのですが、今回はそんな事がないので、皆さんのためだけに話します。なので超ラッキーです。僕もここに上がるまで知らなかった事ですが。なので、皆さんに熱い視線を注いでいただけると思います。という事で、次の問題w」

監督は本当に面白い方でした。気難しい雰囲気とか無く
キャストとの距離も近くて、仲も良さそうだなと思います。

監督の言うとおり、マスコミが入っていなかったので、皆さんとてもリラックスしていたようで
素の部分も見えて、とても楽しかったです
矢印上

そして豪華だったなぁ〜。
こんなに豪華な舞台挨拶、後にも先にもないかも…
きらきら

さて、眠たくなったので、舞台挨拶後半は、またの機会に書かせていただきますねm(__)m

記憶が薄れないように、頑張らなければ。

映画の感想も書きたいなぁ〜〜。

一つだけ言わせて!

シキシマ、かっこいい!!!
心臓を捧げたいw


それでは、おやすみなさい〜〜m(__)m

「進撃の巨人」公式サイト
http://www.shingeki-seyo.com/index.php


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

にほんブログ村

   


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ


 
 
 


 

パンダコパンダ 大好きなアニメ映画!

  • 2015.07.16 Thursday
  • 14:00
宮崎駿監督の作品が好きなのですが、特に好きなのが

「パンダコパンダ」

なんと、今から40年も前の作品で、宮崎駿監督と、高畑勲監督の共同作品です。

5年ほど前、たまたまレンタルショップで昔の作品を探していて見たのですが
なんとも心の温まる作品で、今でも月1くらいの頻度で子供と一緒にDVDを見ています^_^

パパパンダのニカっと笑った口の表情…そう、トトロにそっくり!
実はトトロの原型となった作品だそうです。
そして、主人公の女の子のミミ子は、アルプスの少女ハイジの役柄にも
影響をもたらしたとも言われています。

名作のもとになった、とても重要なアニメだったんですねー(≧∇≦)

昨年は、40周年を記念して、公式ホームページができました。
絵合わせなど、子供が楽しめるゲームもありますよ
拍手

http://pandakopanda.jp/

声優陣も豪華で、主人公のミミ子は杉山 佳寿子さん。(ハイジ、グーグーガンモ、アラレちゃんのあかね役など)

パパンダは熊倉 一雄さん(ゲゲゲの鬼太郎の主題歌を歌っている方です)

子パンダのパンちゃんは太田淑子さん(ドラえもんのセワシ、秘密のアッコちゃんなど)


そして、先日ビレッジバンガードで、ムック本を発見(≧∇≦)

ポシェットと、トートバックはなんと、あのSHIPSとコラボではないですか!!!

即、購入です↓





ちなみに、絵本とマスコットキーホルダーは、もともと購入してい家にあったものです。

ムック本は、監督はじめ関係者のインタビューや、あらすじ、絵描き歌にポストカード
キャラ弁にハンドメイドの紹介、グッズ紹介など盛りだくさん!










付録のトートバックとポシェットは、小さめだけど、おむつやペットボトルを入れたり
ちょっとしたお出かけに使えます。
あらすじ↓↓↓

事情があり、両親がいないミミ子。おばあちゃんと二人で暮らしていますが
ある日おばあちゃんが、大事な法事で数日家を開ける事に。
おばあちゃんの心配をよそに、一人でお留守番をする事に、なんのためらいもないミミ子。

街の人の「しっかり者」という評判の通り、買い物、掃除に洗濯
料理となんでもこなせる女の子です。

そんななか、家に帰ると、ベランダにパンダのぬいぐるみが……と、
思ったらなんと動いた!!本物のパンダの子供だったのです。
すっかり気が合い、お友達になった2人。
家で一緒にいると、今度は大きなパンダが訪ねてきます。
子供パンダのお父さん、パパンダです。

ミミ子の家が大好物な竹やぶの中にあるので、パパンダもすっかり気に入ります。

お父さんがいないミミ子に、「私がパパになりましょう」と言うのです。
大喜びのミミ子。

そして、「私がパンちゃんのお母さんになるわ」と、子供パンダのママになったミミ子。

三人の楽しい生活が始まります。

ところが、このパンダの親子、実は動物園を逃げ出してきていて、指名手配中だったのです。

ハプニングが絶えない日常から、パンちゃんが迷子に!
果たして見つかるのか?そして、三人は一緒にくらせるのでしょうか!

 
パンダ

この作品の好きなところは、各登場人物(登場パンダ?w)がそれぞれ
めちゃくちゃポジティブなところです。

しっかり者のミミ子は、天真爛漫で、ついつい怒ってしまいそうな事も
いい方に捕らへて、楽しんでいます。

子育てでイライラ、コラコラっ!と言っている私も
子供が楽しい事の目線にならなければなぁと反省するばかり。

パパンダは、おっとりしていて、礼儀正しく力持ち。

パンちゃんは、子供らしくて甘えん坊。

とても心あたたまる、素敵なお話なので、ぜひ多くの方に見ていただきたいと
思います。



 ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックをおねがいしますお願い

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村
   
 

ラブ&ピースで涙涙!!長谷川博己さんの演技が素晴らしいったら!!!

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 16:30
JUGEMテーマ:映画

園子温監督のラブ
&ピース。

人を思う、物を大切にする、捨てられた物がご主人を思う



それぞれの足りない欠片(ピース)を必死で追い求めるというテーマで物語が進んでいきます。



エログロ映画の印象が深い、園子温監督が25年前に世間から馬鹿にされ、うだつのあがらない

自分の経験を基に描かれた本作は、2020年の東京オリンピックで浮かれている私たちが抱えている

「欲」「いじめ」などのダークな部分を描き、それをおとぎ話で展開していく

子供からお年寄りまで幅広い年齢が見れる作品です。



そして、単なるメッセージ性のある内容ではなく、なんと園監督初の特撮映画!!



1匹の亀が、社会からのけ者にされ、いじめられているご主人の、「ロックスターになってビックになる」という

夢を叶えるべく、その欲の分だけ自分の身体が巨大化していくのです。



ご主人の下に向かうべく、東京の街を破壊しながら進む亀。

日本が誇る、特撮の迫力が存分に発揮された映像は、ぜひ、映画館の大スクリーンで見てほしいです。



夢を叶えたご主人に亀が話しかける言葉とは?そして、欲の先に待っているものとは??

それぞれの抱える愛のかたちに涙が溢れる作品です。



主人公は、本作で園監督と2作目のタックを組む、長谷川博己さん。

しかも、2作とも監督自身を投影する役どころで、信頼が厚いのでしょうね。



近年幅広い役で活躍している長谷川さんですが、まさに、その幅がギュッと詰まった作品です。



うだつのあがらないサラリーマンの情けなさは、本人が「やりすぎたかな?」と後悔していたほど

情けなく、カッコ悪い!あの、普段発する色気がゼロ・・・いや、それ以下と言っていいほどで、

一見、長谷川さんだとは気がつかないレベルです。

園監督も、「破るのに5年はかかる殻を1秒で破った!」と絶賛。



そして、段々とビッグスターになっていく過程が笑わずにはいられないほどコミカル。

亀と触れ合う優しい姿にも、癒されること間違いありません。



本作では、ギターも練習し、も披露していますが、とても上手い!!

特に、スカウトされるきっかけとなる路上ライブの歌声は、聴いている観客の心に切なさが

染み込んでくる様でした。



スターになってからは、まさに欲に溺れたロックスター!

カッコよくも、嫌味のある自信満々の姿は、前半のサラリーマンとはまったくの別人

そして、両極端の間の、ふと訪れる中間の姿がなんとも切ないのです。

よくもまあ、こんなに器用に役をこなせるものだと感心してしまいました。

エキストラの方との一体感も感動しました!

舞台役者だったこともあり、一つ一つの動きも美しい。360度佇まいのよさがある、素晴らしい役者さんです。



衣装も個性的で、長谷川さんのスタイルのよさが存分に出ています。

個人的には、ミラーボールのような派手派手な衣装とメイクが印象的でした。





おっと、長谷川さんの素晴らしさで埋め尽くされましたが、他の競演者の方も素晴らしかったです。



色気をゼロを通し続けた麻生久美子さん。

謎の老人の西田敏行さんには、まさかの正体が!

そのほか、捨てられた物の声優に星野源さん、中川翔子さん、犬山イヌコさん、大谷育江さんなど。



もともと、25年前に主人公を忌野清志朗さんに依頼したこともあり、劇中では

RCサクセションの「ソローバラード」が重要な場面で流れています。





見所一杯の作品ですので、この映画を通して、あなたの足りない欠片を見つけに行ってほしいです。







ランキングに参加しています。

よろしければ、クリックをお願いしますお願い

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

自己紹介

名前:ひーたん

1977年生まれの
全力アラフォーです!

めいめい(娘小2)
よったん(息子4歳)
旦那&義父母と
静岡県で生活中

これからの季節に!

美味しくダイエット

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM